GOOD LIFE
はじめよう

少しずつ感じる季節の変化。
日々の過ごし方もゆっくりと変わってきたりして。
季節の変わり目にせっかくだから、いつもの暮らしを整えたり、気分をあげてくれるものを揃えたり。

いい暮らしをはじめよう。
毎日のふつうをちょっと楽しくする、春からはじめたいことを提案します。


HEALTH & ETHICAL体と環境にやさしいものを取り入れよう

毎日食べるものや使うものだからこそ、体や環境にやさしい素材や成分にこだわって。
無理せずに続けられる、家族のために使ってほしいアイテムを選びました。
体調も崩れがちな季節の変わり目に、体と環境にやさしいものを暮らしに取り入れてみませんか。

体にやさしい玄米食のすすめ体にやさしい玄米食のすすめ

あったかくなったり、かと思えば急に寒くなったり。季節の変わり目には、体を整える食べ物を。
栄養たっぷりの玄米を気軽に取り入れて、家族の健康を考えた体にやさしい家ごはんを楽しんでみては。

PICK UP
「結わえる」の寝かせ玄米

普段は玄米を食べて健康の土台を作り、呑み食いは大いに楽しんで体型、健康を自分でコントロールしようという「結わえる」が提案するメリハリ玄米生活。
ビタミン・ミネラル・食物繊維の副栄養素がたっぷりの玄米を手軽に食べられる「寝かせ玄米」はもっちもちでおいしく、食べごたえもあります。

玄米に合うカレーなどと合わせてどうぞ。


体と環境にやさしく体と環境にやさしく

環境や社会に配慮した商品を選んで消費するエシカル消費という考え方を気軽に取り入れてほしくて。
無理せずに少しだけまわりを幸せにする、家族のために使ってほしいものを選びました。
体と環境にやさしいアイテムを、毎日の暮らしに気軽に取り入れてみませんか。

Mamma Baby

Mamma Baby

イタリア生まれのボディケア&ヘアケアブランド。
敏感で繊細な赤ちゃんの肌をやさしく洗ってあげたいというママたちの願いから生まれた、新生児から大人まで一緒に使えるデイリーケアシリーズです。
スーパーグリーンという次世代のオーガニックの考え方として、原料、品質、生産にこだわりながらもオーガニックとしての認証をカットすることで、みんなが手に取りやすい価格で商品をお届けしています。

Mamma babyシリーズ一覧はこちら
GREEN MOTION

GREEN MOTION

ものを通じて”環境への気づき”を促すというコンセプトのもと、地球への負担を減らす商品のみだけでなく、環境を考えるきっかけになるものづくりを目指しているブランド。
100%植物由来の原料と水のみでできた洗濯用洗剤や、洗浄成分である界面活性剤をわずか1%に抑え、残りの98%以上は水でできたクリーナーなど、汚れをしっかり落としながら、体にも環境にも素材にもやさしい成分で作られています。

GREEN MOTIONシリーズ一覧はこちら

おすすめアイテム



GOOD DAILY GOODS気分のあがる日用品を揃えよう

毎日手に触れ、目に映る、暮らしの中でもっとも身近な日用品。
当たり前のようにそこにあるものでも、お気に入りのものならなんだか使うたびに気分があがったり、ふと力が抜けたりするもの。

使い勝手やテイストなどをポイントに、気分のあがる日用品を揃えてみませんか。

STORAGE & TOOLSSTORAGE & TOOLS

日用品や収納はインテリアになじむものを。道具のように使えるインダストリアルなデザインが好きな方へ。

PICK UP
カプセルミニフィギュア

道具好きにはたまらない、ミニフィギュアコレクションが登場。
珈琲器具の「Kalita」や「BOSCH」の工具、人気の文具コレクションを揃えました。
蓋があいたり、ハンドルが回せたり、本物そっくりなのにちっちゃくてかわいい!

いつも使っているものならなおさら愛着がわくかも。ぜひ、お気に入りの道具を揃えてみては。


お弁当とボトルいろいろお弁当とボトルいろいろ

毎日のお弁当をおいしく楽しく。手軽に使えるものから本格的なものまで、使い方に合わせたお弁当箱&ボトルを選んでみては。

素材で選ぼう
使いたいのはどんなタイプ?
曲げわっぱ
見た目が華やか
ご飯が冷めても美味しい
曲げわっぱ
アルミ
軽くて丈夫
油汚れが落ちやすい
アルミ
ステンレス
衝撃に強く傷がつきにくい
ニオイ移りしにくい
ステンレス
青竹アジロ
通気性がよく蒸れにくい
抗菌・消臭効果
ステンレス
プラスチック
食洗機OK
軽くて汁漏れしにくい
プラスチック
使い方で選ぼう
使いたいのはどんなタイプ?

常温

常温

or

保温

保温

学校、オフィスで

学校、オフィスで

or

アウトドアで

アウトドアで

エコバッグいろいろエコバッグいろいろ

ショッピングバッグはいくつあってもいい。気分や用途に合わせて使い分けてみるのも良いかも。





PageTop